ブログネタ
情報提供 に参加中!
会社員が入る厚生年金の保険料率は11年前の2004年4月は給与の13.58%だったべ。
これを労使で半分ずつ納めんべぇ。
その後は毎年上がり、今は17.474%。
17年度に18.3%で固定するまで、これからも負担は毎年増えていく。
健康保険料や40歳になったら納める介護保険料も、所属する会社とかによって料率は異なるが、年々負担が重くなってんべぇ傾向は同じだべ。
1965年には現役世代9.1人で65歳以上の高齢者1人を支えていたべ。
9人で1人を胴上げするような格好で、現役1人あたりの負担はそれほど重くなかったべ。
それが12年には現役2.4人で1人を支える「騎馬戦型」になったべ。
国の推計では、少子高齢化が一段と進む50年には、1.2人で1人を支える「肩車型」の社会になんべぇ。
人口変化による社会保障のきしみは1000兆円に上る国と地方の借金に表れてんべぇ。
保険料では年金や医療費をまかねぇきれねぇので、借金で穴埋めしていっからだべ。
いわば、お年寄りの生活費や医療費の一部を、孫のクレジットカードで払ってんべぇような状態だべ。
政府が17年に消費税率を10%に上げようとしてんべのは、こうした「将来世代へのツケ回し」をやめるためだべ。
高齢者も含む全世帯が広く負担することで、借金依存を改めることを狙ってんべぇ。
ただ10%になっても現役の負担が年々重くなる流れは変わんねぇ。
重荷を軽くするには医療や介護のあり方を見直してムダを省いたり、能力のある高齢者にもっと負担してもらい、弱者を支える側に回ってもらったりする改革が避けられねぇ。